メガバス

釣りをしない人でも知っておきたい!日本が誇る釣り・アウトドアメーカー「メガバス」

 

みなさんは「メガバス」というメーカーを知っていますか?

 

 

釣りをする人ならば、だれでも一度は聞いたことがある、日本の釣り・アウトドアメーカーのトップブランドです。

 

 

名前にある通り、バス釣りの為のアイテムをメインに作っているメーカーです。

 

 

日本発祥の、日本の人気メーカーで、最近ではアメリカアメリカ・ロシア・イギリス・フランス・アジアなどでもその道具としてのすばらしさ・機能美から、様々なメディアで取り上げられ、高い評価を得ています。

 

 

ルアーのみでなく、ロッド(竿)なども大変人気を博しています。 オークションなどでは、時折高値で取引される事もあります。

 

 

製品自体は、ルアー・ロッド・リール・ライン・ボート・アパレル・アイウェア・時計・アウトドア用品などを総合展開しており、唯一の総合ルアーメーカーです。

 

メガバスの沿革・CEO伊東由樹

 

メガバスは、1986年、日本のプロ釣り師である伊東由樹が設立しました。

 

 

伊東は漁師町として有名な静岡は浜松に生まれ育ち、実家が釣り宿であったことから、小さい頃から、周りの漁師や釣り師たちから釣りの英才教育を受けて育ちました。

 

 

小学生の頃にルアーフィッシングに出会い、ルアーフィッシングの魅力に虜になります。当時は、外国製のルアーが大変高価だったので、ルアーを自作している少年でした。

 

 

ロッドの自作やリールのチューニングもするなど、当時からクリエイターとしての素養を見せていたようです。

 

 

作詞作曲バンド活動なども行い、単身上京して一部上場企業の研究職として務めながらも、音楽活動と釣りに専念するために退社。

 

 

その後、バンドが解散した為、家業の釣りで生計を立てていくため、釣竿作りに取り掛かることになりました。

 

 

1986年、東京品川区大井町にメガバス&ワークスを設立。ルアーロッドのARMSの製作をはじめました。

 

 

1987年にはV-FLAT、Z-CRANKなどのルアー製作を始め、関東の様々なフィールドで釣りをし、実際に釣果を見せながら現地で販売する営業活動を行っていたそうです。

 

 

その後は地元浜松に拠点を移し、遠州灘の釣漁船船長や、琵琶湖北湖の釣りガイドを行いながらルアー(ソルトウォータールアー:マリンギャング、バスルアー:マジカルZ、BAIT-Xなど)を制作。工房の一階で直販をしていたそうです。

 

 

一部の釣り人達からは絶大な支持を得ていたそうですが、自身が気に入った釣り人からのオーダーしか受けないといった受注状態で、生活は厳しかったそうです。

 

 

その後も、このこだわりは健在。他メーカーのルアーデザイン、テスト、OEM(生産)の依頼も請け負う経営形態となりましたが、ここでも、伊東の想いと同調するアングラーやメーカーからの依頼しか受け付けませんでした。

 

 

その経営精神ではやはり生活は厳しく、精神的にもつらい日々が続きましたが、モノづくりに対する徹底したこだわりぶりは決して衰えることはありませんでした。

 

 

一方で、漁獲量にこだわった独自の漁師スタイルのフィッシング技術から、海外のメディアで注目を集め、アングラーとしてのオファーが増え始めます。

 

 

一時遺伝性の病気で制作活動が行えなくなりましたが、再起をかけて制作したDEEP-X200、Live-X LEVIATHANなどがヒットしメガバスのブームが起こることになりました。

 

 

90年代にはアメリカでの活動も本格化し、1996年、日本とマサチューセッツを拠点に開発してきたロッド(デストロイヤー)や、数々のルアー(POPX等)を発表。ルアーフィッシングムーブメントの牽引役として注目を浴びることになりました。

 

 

今では、釣りをする人の中では知らない人がいないほどです。

 

メガバスの徹底したものづくりへのこだわり

 

伊東由樹の手から生まれた「Megabass」29年の歳月を迎えます。

 

 

この長い歴史の中で常にメガバスが追求しつづけてきたのは、「Form follows emotion(携帯は感動に従う)」というコンセプトです。

 

 

メガバスは一切妥協というものを許しません。そのものづくりは日本が誇る工芸製品としての想いを宿し、世界各国のアングラーへ感動を与える為、常に新たな挑戦を続けています。

 

 

メガバスのものづくりは単に魚が釣れるだけでなく、釣れた時の楽しさも追及しています。

 

 

そのものづくりの工程はほとんどが人の手によるもので行われ、伊東のものづくりの精神を受け継いでいます。

 

フォルム・フォロウズ・ファンクション(形態は機能に従う)

 

メガバスには、大変傑出した特徴があります。

 

 

その性能がほとんど競技専用スペックとして傑出しているにも関わらず、まったく普通の釣具、例えば日本古来からの和竿のようにも見える、という点です。

 

 

これは、メガバスのものづくりが「日本の工芸品を作っている」という想いのもと作られていることの現れです。

 

 

メガバスのクリエーターたちは常に伝統工芸の世界観をリスペクトして、その姿勢に学んでいます。

 

 

メガバスの製品はすべて、日本のモダン・デザインの基礎を造った数奇屋造りの考え方や元禄文化など、我が国の伝統である、フォルム・フォロウズ・ファンクション(形態は機能に従う)という哲学を内包していなければいけないという想いのもとに作られています。

 

 

メガバスが目指すのは、さらにその先「フォルム・フォロウズ・エモーション(形態は感動に従う)」なのです。

 

メガバスのクリエーター精神

 

「釣りって、魚や、自然が答えを持っているものなんです。彼らは僕たちに言葉を使って答えを教えてくれることってないんです。
だから、僕たちができることって、たとえ倒れそうな真夏の暑い日でも、凍えそうな寒さの中でも、1分、1秒でも、大きな魚に、自然に、テストとして答えを尋ねることしかできないと思っています。」

 

「ルアー制作の工程は一つ一つの工程が真剣勝負。どれか一つの工程でもよくないものがあれば、最高なものは作れません。最高の作業をして、次の工程に渡していく。それがルアー作りでもっとも大事なことです。」

 

 

ルアー制作にかかわるメガバスのクリエイターたちはこう語ります。

 

 

一人一人がものづくりに対して真剣であるからこそ、日本が世界に誇るルアーは誕生するのです。

 

 

カラーリングでも並々ならむこだわりが感じられます。

 

 

何重にも色を重ねることで、表すカラーリングや、くりぬき方で表す、顔つき目つき、えらの形など、へのこだわりもメガバスの特徴の一つ。

 

 

こうしたこだわりで、メガバスのルアーは美しい塗装を実現しています。

 

伊東の想い

 

メガバスのCEO伊東の強いこだわりから生まれたメガバス。

 

 

伊東はこう語ります。

 

 

「日本には古来から、釣り文化があって、それは日本の独自の文化。

 

 

メガバスが作っているルアーも、その日本の文化というものをきちんと投影させたものづくりをしなくてはいけないと考えています。

 

 

それを持って、世界の人々にも、日本の釣りへの想いや自然とのかかわり方を伝えられるよう、ルアー作りに臨んでいます。

 

 

メガバスは、これまでにFISHING TACKLEの概念を大きく変えてしまう事件の数々をもたらしてきました。

 

 

メガバスを手にしたアングラーの多くが、彼らの人生を大きく変えてしまったように、私もまた、メガバスによって人生が変わった一人です。

 

 

人生の悦びに加え、その深みを探求する、一人のANGLERになったのです。」

 

日本が誇る工芸ともいえるメガバスのものづくり

 

いかがでしたか?

 

 

あまり、釣りに興味がなかった人でも、メガバスの創始者・伊東由樹さんのものづくりへかける情熱には圧倒させられるのではないでしょうか。

 

 

ぜひ、日本が誇る工芸品に込められた想いを感じてみてください。

 

>>メガバス公式通販ショップはこちらから<<



大ヒット商品一覧

リバイブラッシュ ねじめびわ茶 ビーアップ
飲むとボリュームアップしてセクシーな体型にしてくれる美ボディー胸サプリメントです。
オリファ 浜海道 抱潤巡りジェル
肌の血液の流れを良くしてくれる肌の巡りを良くして綺麗な弾む肌にしてくれます。
ウーマシャンプー 快朝酵素 ノチラック antibac2k
お洒落に空気の汚れを綺麗にしてくれる除菌と消臭ができる丸い空気清浄機になります。
 
inserted by FC2 system